• 2006.09.27 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「新・歴史の真実」by 前野徹
新・歴史の真実?混迷する世界の救世主ニッポン
新・歴史の真実?混迷する世界の救世主ニッポン
前野 徹

日本人は、どれだけ日本という国を知っているのだろうか?
日本人は、どれだけ日本の歴史を知っているのだろうか?
日本人は、どれだけ日本という国を愛しているのだろうか?

戦後60年以上も経つというのに、未だに謝罪を続ける我が祖国・日本。そもそも謝罪する理由は? 日本は、本当に謝罪するようなことをしたのか? 太平洋戦争の真実は?
この本は、間違った戦後教育により、祖国を愛せない日本人に対して、日本を愛するように、日本という国に対し誇りを持つよう訴えかける。
続きを読む >>
安倍晋三官房長官がすでに靖国神社を参拝
安倍晋三官房長官が4月に靖国神社に参拝していたことが明らかになった。
総裁選を前に、この情報が流れること自体、きなくさいわけだが、まぁそれは置いておくとしよう。

公用車を用いずに、玉串料もポケットマネーから、ということで私的参拝を強調しているのだが、そうはいっても左翼陣営は黙っていないわけだ。
「近隣諸国への配慮が足りない」。
左翼連中はそういうのだが、おまえら、ちょっと待て、と。近隣諸国へ配慮する前に、まず自国のために戦って散っていった方々に感謝の気持ちを示すのが先じゃないのか? まさに、自虐史観に基づく自国批判。日本人は、自国を愛せない、自分を愛せない希有な国民だ。
日教組の自虐史教育のたまものといったところか。

これまでに何度も書いてきたが、戦勝国による敗戦国を裁く裁判など意味を為さない。
A級戦犯など存在しない。
中国や韓国は、日本がアジア諸国に対して犯した罪を、今でも批判するわけだが、それもちょっと待て、と。日本が、おまえらを支配した前は、どういう状況だったか? 白人連中に土地を支配され、アヘンという毒にしかならないモノを売りつけられ、去勢された種馬のような状態じゃなかったか?
日本が、中国や韓国を白人社会から守ってやり、近代化へと導いてやったのだ。感謝こそされ、批判される覚えはない。
近代化に乗り遅れ、白人どもに支配されていたくせに、口ばっかりの劣等国家・劣等民族にはほんとにヘドが出る。

そして日本人。もういい加減、自虐史観はやめよう。
自国のために散っていった方々を讃えよう。
自分の国を愛そう。
我々は、神の国に生まれた高等民族・日本人なのだから。
WWDC会場の画像が流出
WWDC Mac
すでに各サイト・ブログで取り上げられているが、WWDC会場の画像が流出している。
発表会を行う前の恒例行事ですな。

Leopardのプレビュー披露、Mac Proの発表は既定路線として、その他には何が発表されるのか?
WWDCはその名の通り、開発者向けの発表会なので、コンシューマー向けのサプライズはないだろうとの噂だが、バナーにiPod nanoが写っているのが気になる。
iPod系の新製品発表は9月か10月くらいになるだろうとの見方が多かったのだが。

さてさて、どんなサプライズが用意されているのか?
あと、2日ほどの辛抱ですな。
M:i:III(ミッション・インポッシブル3)

トム・クルーズ様のオナニーだとはわかっていても、観ずにいられないこの一本。
公開されてしばらく経つが、どうしても劇場で観たかったので行ってきました。

オナニーだとはわかってはいたが、その見せつけ方が、想像を超えてたw。
まさに、This is Tom Cruise Movie!
トムによる、トムのための、トムに向けた作品に仕上がっているw。

確かに、ハラハラドキドキ感は前作、前々作を凌いでおり、大衆に向けた最高の娯楽作品だと言える。
しかし、ひとりのオナニーのために、こんなにお金をかけなくても。。。
わかってはいたものの、あまりにも度が過ぎた自己陶酔の世界に気持ち悪くなり、虚無感に襲われたw。

ただ、これだけの大衆向け娯楽作品でありながら、自国=アメリカを批判するようなメッセージ的なものも含まれている。
「戦争とは、結局アメリカの自作自演」。

まぁ、それしかないのだが。。。
もうすぐ劇場での公開は終了します。
大スクリーンで、トム・クルーズのオナニーを見たい人は、劇場へ急げ!

[関連リンク]
公式サイト
長澤まさみで映画三昧
長澤まさみ 涙そうそう ラフ
映画に、ドラマに、CMに、今ノリに乗ってる長澤まさみ。
なぜ突然、この話題かというと、ただ単純にファンだからw。

そんなカノジョの主演作が、8月・9月と立て続けに封切られる。
はっきりとした目鼻立ち、豊かな表情、まさにスクリーン映えする女優さんだ。
続きを読む >>
綾瀬はるかの濡れ場
綾瀬はるか
ちょっと、やらしいタイトルを付けてみたのだが。

今でこそ、テレビ・映画で活躍中の綾瀬はるかだが、オレなんかはブレイク前のグラビアアイドル時代から目を付けていたw。
もうかれこれ、3〜4年くらい前からw。
男の目を釘付けにする巨乳はもちろんだが、大きな黒目があやしげな雰囲気をかもし出す。

んで、現在、放映中の大塚製薬「ポカリスエット」のコマーシャル。
やたらと、水に濡れるシーンが多い。
水に濡れるエロさがたまらないw。
ただでさえ、かわいいのに、水に濡れるなんて。。。
萌えるw。

ヌレエロ。

昔からある当たり前の手法だが、やっぱり萌える。
恥ずかしげもなく、この手法を取ったCMディレクターに拍手を送りたいw。

[関連リンク]
OTSUKA ADVIEW SITE
ワイヤレスMitghty Mouse登場
Apple Mighty Mouse Wireless Mighty Mouse MA272J/A
Apple Mighty Mouse Wireless Mighty Mouse MA272J/A

出ましたね。
最近のコンピューターはワイヤレス化が進んでるから、Mighty MouseもBluetooth対応になると、やっぱり便利。

ただ、オレも普通のワイヤレスマウスを使っているのだが、ちょっと重い。
デザイナーなんかは、重さを嫌って、普通のマウスを使う人が多いようだし。

ほしいけど、実物を触ってみてからだな。
アマゾン、アップルに対抗。映像配信事業に着手
音楽、ビデオクリップ、テレビ番組に続くのは、やはりコレ。
アマゾンがムービーデータ配信事業を始めることになった。
当初は、音楽配信事業への参入を目指していたのだが、アップルの影響が強まりすぎたこの業界で、勝負を挑むよりも、まだそれほど市場が成熟していない映像業界での生き残りを目指すようだ。
以前から、アップルがレンタル版のムービー配信事業を始めようとしていることは知られているが、アマゾンのサービスは、基本は販売になる。
※その他にもサービスあり

しかし、どんどん家から出なくてよくなるね。
まさに、プラットフォームはWEB、を言い表している。

さてさて、アップルはどう対抗するか?

[関連リンク]
CNET Japan
次世代iPodにeBook機能搭載?
apple iPod eBook
気になる、記になる...さん経由で知ったのだが、Engadgetによると、次世代iPodにはeBookリーダー機能が搭載されるかもしれないとのこと。かなり信頼できる筋からの情報だという。
読書モードのような機能も搭載され、コントラストを下げ、ディスプレイを白黒にしたりして、文字を読みやすくするらしい。

個人的には、ディスプレイで文字を読むのが苦手なので、この機能はあってもなくてもいいかな。長い文章だと、プリントアウトして読むくらいだから・・・。

ただ、そこで気になるのは、iTunesを通して、ブックデータを販売するのかどうか。いや、当然するでしょうね。
iTunes Book Storeの誕生です!?

[関連リンク]
気になる、記になる...
Engadget
XYLISHの沢尻エリカがイケてる
XYlISH 明治 沢尻エリカ
現在、放映中のXYLISHのコマーシャルの沢尻エリカがたまらないw。
昨年、フジテレビで放映された「1リットルの涙」の好演ではまったのだが、やっぱかわいいねぇ。というか、キレイ。

テレビコマーシャルから、WEBへ誘導するメディアミックスの手法は、もはや主流。
このCMでも、テレビコマーシャルの続編がWEBで公開されている。
亀田興殻、おぎやはぎ、劇団ひとりらが競演しているが、WEB版はおぎやはぎがサイコー。
沢尻エリカも、撮影中に笑いもこらえるのに大変だったそうだ。
萌えるw。

確か、この夏、映画が公開されるな。
なんだったけかな。観にいきて−!

[関連リンク]
公式サイト

 
Web このサイト内


PROFILE
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LINK
Counter
Amazon Search
Google AdSense
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
燃えよ剣 (下巻)
燃えよ剣 (下巻) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
RECOMMEND
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.