• 2006.09.27 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヒトラー 〜最後の12日間〜
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

ヒトラーの最後の秘書・ユンゲの証言をもとに製作された「アドルフ・ヒトラー最後の12日間」。
そのタイトルどおり、敗戦間近い1945年、世界史上もっとも残虐と言われる男の最後の12日間を克明に描いている。

迫り来るソ連兵、逆転の望みを失い寝返るナチス幹部、それでもただひとり勝利を信じて疑わず、側近を怒鳴り散らし、将校のみならずドイツ国民にまで、弾丸が尽きようとも死ぬまで戦いを要求する様は、まさに狂気のひと言。
なぜ、そこまで狂気に至ったのか? この作品では、そこまでは描かれていないが、「悪魔」と言われる男の信念が嫌になるほど伝わってくる。

ヒトラーを批判的に描いているわけでもなく、ただただこの男の最後を忠実に描いた、といった印象の作品だ。
ただ何か、誰にも理解されなかったヒトラーの心の闇が気になった一本だった。

[関連リンク]
公式ブログ
  • 2006.09.27 Wednesday
  • 19:01
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://plain-life.jugem.jp/trackback/192
- / -
2007/03/27 10:13 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論 / ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
2007/09/02 12:14 AM
今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。 彼女は追い

 
Web このサイト内


PROFILE
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LINK
Counter
Amazon Search
Google AdSense
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
燃えよ剣 (下巻)
燃えよ剣 (下巻) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
RECOMMEND
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.