• 2006.09.27 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

綾瀬はるかの濡れ場
綾瀬はるか
ちょっと、やらしいタイトルを付けてみたのだが。

今でこそ、テレビ・映画で活躍中の綾瀬はるかだが、オレなんかはブレイク前のグラビアアイドル時代から目を付けていたw。
もうかれこれ、3〜4年くらい前からw。
男の目を釘付けにする巨乳はもちろんだが、大きな黒目があやしげな雰囲気をかもし出す。

んで、現在、放映中の大塚製薬「ポカリスエット」のコマーシャル。
やたらと、水に濡れるシーンが多い。
水に濡れるエロさがたまらないw。
ただでさえ、かわいいのに、水に濡れるなんて。。。
萌えるw。

ヌレエロ。

昔からある当たり前の手法だが、やっぱり萌える。
恥ずかしげもなく、この手法を取ったCMディレクターに拍手を送りたいw。

[関連リンク]
OTSUKA ADVIEW SITE
XYLISHの沢尻エリカがイケてる
XYlISH 明治 沢尻エリカ
現在、放映中のXYLISHのコマーシャルの沢尻エリカがたまらないw。
昨年、フジテレビで放映された「1リットルの涙」の好演ではまったのだが、やっぱかわいいねぇ。というか、キレイ。

テレビコマーシャルから、WEBへ誘導するメディアミックスの手法は、もはや主流。
このCMでも、テレビコマーシャルの続編がWEBで公開されている。
亀田興殻、おぎやはぎ、劇団ひとりらが競演しているが、WEB版はおぎやはぎがサイコー。
沢尻エリカも、撮影中に笑いもこらえるのに大変だったそうだ。
萌えるw。

確か、この夏、映画が公開されるな。
なんだったけかな。観にいきて−!

[関連リンク]
公式サイト
「明日の神話」by 岡本太郎

「芸術は爆発だ」で知られる芸術家・岡本太郎。
大阪・万博公園の「太陽の塔」など、数々の偉大な作品を遺した彼の残された最高傑作と言われる壁画「明日の神話」が、7月8日から8月31日まで日テレプラザ ゼロスタ広場にて公開中だ。

「醜悪こそ美しい」と語っているように、原色のグロテスクな世界に、何か惹き込まれるものがある。
岡本太郎の作品を見ると、子供が泣き出すという。
確かに、人間の醜さが見えるようである。

1年をかけて修復された「明日の神話」。
ぜひ、見るべし。

[関連リンク]
公式サイト

■写真=クリックして拡大
続・FREEDOM PROJECT
freedom project
日清と大友克洋のコラボレーションによるこの企画。
しばらく公式サイトを見ていなかったら、とんでもないことになっていた。

完全Flashでアニメーションを展開。
過去のCMや広告用ポスターなどのコンテンツが充実し、観る者を楽しませてくれる。

アニメーションは、大友克洋が担当しているだけあって、さすが「微に入り細に渡る」といったカンジ。
「スチームボーイ」で見せた、あの緻密さがよみがえってくる。

音楽もかっこいい。
テクノ/ハウス調のリズムの良さ。
誰が作ったんだろう。
手に入れたいが、誰が作品なのかわからない。
CMは宇多田ヒカルが書いているようだけど。

今後はどういった展開を見せるのだろう。
「映画化」なんて、話はないかな。

[関連リンク]
公式サイト
FREEDOM PROJECT
freedom project 日清 大友克洋
「AKIRA」「スチームボーイ」の大友克洋と、日清「カップヌードル」のコラボレーションプロジェクト「FREEDOM PROJECT」。
23世紀、人類は月に移住しているという話なのだが。

大阪梅田や東京の渋谷・新宿に屋外広告を出すなど、その展開はかなり興味深い。

今後、アニメ化されるのか、よくわからないのだが、これから徐々に情報が発信されていくらしい。

しかし、こういうプロジェクトはいいねぇ。
久しぶりに、冷や汗かくような仕事をしたくなった。

 
Web このサイト内


PROFILE
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LINK
Counter
Amazon Search
Google AdSense
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
燃えよ剣 (下巻)
燃えよ剣 (下巻) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
RECOMMEND
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.