• 2006.09.27 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

安倍晋三官房長官がすでに靖国神社を参拝
安倍晋三官房長官が4月に靖国神社に参拝していたことが明らかになった。
総裁選を前に、この情報が流れること自体、きなくさいわけだが、まぁそれは置いておくとしよう。

公用車を用いずに、玉串料もポケットマネーから、ということで私的参拝を強調しているのだが、そうはいっても左翼陣営は黙っていないわけだ。
「近隣諸国への配慮が足りない」。
左翼連中はそういうのだが、おまえら、ちょっと待て、と。近隣諸国へ配慮する前に、まず自国のために戦って散っていった方々に感謝の気持ちを示すのが先じゃないのか? まさに、自虐史観に基づく自国批判。日本人は、自国を愛せない、自分を愛せない希有な国民だ。
日教組の自虐史教育のたまものといったところか。

これまでに何度も書いてきたが、戦勝国による敗戦国を裁く裁判など意味を為さない。
A級戦犯など存在しない。
中国や韓国は、日本がアジア諸国に対して犯した罪を、今でも批判するわけだが、それもちょっと待て、と。日本が、おまえらを支配した前は、どういう状況だったか? 白人連中に土地を支配され、アヘンという毒にしかならないモノを売りつけられ、去勢された種馬のような状態じゃなかったか?
日本が、中国や韓国を白人社会から守ってやり、近代化へと導いてやったのだ。感謝こそされ、批判される覚えはない。
近代化に乗り遅れ、白人どもに支配されていたくせに、口ばっかりの劣等国家・劣等民族にはほんとにヘドが出る。

そして日本人。もういい加減、自虐史観はやめよう。
自国のために散っていった方々を讃えよう。
自分の国を愛そう。
我々は、神の国に生まれた高等民族・日本人なのだから。
自立できない大人たち
国立社会保障・人口問題研究所が5年に一度行った調査によると、20代後半男性の64%が親と同居しているという。
30代前半の成人でも40%前後が、同じような状況だという。

「未婚化・晩婚化に加え、経済的問題」が原因と、同研究所は分析しているが、地方から都会に出てきている人間はどうなる?
経済的問題というより、都会の人間がいつまでも親にパラサイトしているとしか思えない。
大阪から東京に出てきて思うが、東京の人間は口ばっかりで、行動力のない人間が多いように思える。実際、友達にもいるだのが・・・。

弱々しい東京人よ、自立せよ。

[関連リンク]
asahi.com
福田康夫氏、総裁選に立候補せず
9月の自民党総裁選への立候補が噂されていた、元官房長官・福田康夫氏が正式に立候補しないことを表明した。
「高齢による体力・気力」の衰えを、その理由に挙げたが、実際は同じ森派所属で、次期総裁筆頭候補の安倍晋三官房長官との対立による派閥分裂を回避するため、との見方がもっぱらだ。

安倍氏は靖国問題・拉致問題で、中国・北朝鮮に対し強硬路線を取っており、中国・北朝鮮懐柔策の推進役であった福田氏の立候補断念により、反小泉・非安倍派は対立候補の擁立を含め、戦略の練り直しを迫られることになった。

それ以外の有力候補である外務大臣の麻生氏も、外交政策では小泉・安倍とほとんど変わらないし、財務大臣の谷垣氏では役不足。山崎拓・前副総裁や河野太郎は問題外。
ほぼ、安倍晋三総裁誕生で固まったといっていい。

個人的には、中国・北朝鮮・韓国に何ら遠慮することはないと思っているので、安倍総裁は大歓迎だ。ただ、麻生氏ももったいない。
安倍氏に比べ、今イチ国民に人気のない麻生氏だが、政治家の間では絶大な人気を誇るという。外交政策もしっかりしているし、オレも好きな政治家だ。
麻生氏が2年ほど総理大臣のイスに座り、その後、安倍氏に禅譲という形が理想かなぁ、オレ的には。

ただ、やはり安倍氏優勢は変わらない。
反小泉・非安倍派は、苦境に立たされたといっていいだろう。

[関連リンク]
YOMIURI ONLINE
安倍晋三 公式サイト
福田康夫 公式サイト
麻生太郎 公式サイト
山崎拓 公式サイト
河野太郎 公式サイト
北朝鮮に対し、日本人は戦争を決断することはできるか?

7月5日午前、北朝鮮が日本海に6発のミサイルを発射したこの事件。
6カ国協議に参加する国、そして国連を巻き込み、様々な議論が交わされている。

北朝鮮の狙いは、核や拉致問題で強硬姿勢を崩さない日米に対し、揺さぶりをかけたのではないかというのが大方の見方だ。
日朝平壌宣言に違反するこの行為に対し、国連の安全保障理事会では全会一致での制裁決議案締結を目指したが、ここで妄言国家どもが拒否権をちらつかせるという愚行に出た。
続きを読む >>
LDから村上ファンドへ。これが予定調和か?
今さら、この話題ですが。。。

ライブドアに端を発したこの一連の騒動。
ライブドアの粉飾決算に始まり、堀江貴文前社長を含む役員の逮捕劇、そして村上ファンドのインサイダー事件。
旧体制にたて突く者たちが、まさに図ったかのように、表舞台から抹殺されていった。

ライブドア粉飾決算・堀江貴文逮捕時には、ヒューザー事件で国会議員・官僚が揺れていた。
国交省の責任が問われる中での、突然のライブドア事件の露呈。
『裏』を感じずにはいられない。

そして、村上ファンドのインサイダー取引。
阪急による阪神のTOB期限が迫る中での、検察の強制捜査。
ここまであからさまにやられると、呆れてモノも言えない。

挙句の果てに日銀総裁へ飛び火。。。


これが予定調和だとするならば、その先にあるのは劇的な変化、崩壊を経た上での再構築。
簡単なアップデータではなく、メジャーアップグレードが必要だ。
もう誰にも気づかれない予定調和では、調和できない状態になっている。
予定調和たるものが、予定調和たりえていない。

きれいさっぱり消し去って、新たな生命の誕生を待てばいい。
明らかに人間は長く生きすぎた。

もう消滅してもいいだろう。
村上ファンド、再び阪神に襲いかかる
村上ファンド、阪神電鉄に取締役9人の選任要求

ホワイトナイト・阪急電鉄の登場により、鎮火するかと思われたこの問題。
突然の村上ファンドの取締役選任要求により、再び騒動に火がついた。

阪神電鉄経営陣は「不快感」を表明したが、まったくナンセンスな話だ。
実際聞いたことはないが、阪神電鉄の経営陣も、どうせ「会社は株主のもの」などど天地逆転の台詞を吐いていたはずだ。
で、あるならば、この状況は甘んじて受けいれなければならない。

だいたい、敵対的買収に対する防衛策も打たず、いきなり株式の40%を買い占められるなんて、経営陣の失態としか言いようがない。
言い訳のできない状況だ。
続きを読む >>
自民党総裁選に新たな動き。福田氏、立候補に意欲を見せる?
自民党の福田康夫氏、総裁選出馬に意欲か?

これまで何度も取り上げられてきた福田氏の総裁選出馬説。
その度に、本人は否定してきたが、ここにきて新アジア政策の策定を表明し、小泉首相の靖国神社参拝を否定するなど、動きが活発化。総裁選出馬へ意欲を見せているのではないかという見方だ。

今回の報道が的を得ているか、得ていないかは別として。
それでも、自民党の政治家は政治家として洗練されていると思う。それは、いい意味でも悪い意味でも。
官房長官を国民年金未納問題であっさりと辞め、自民党総裁選への出馬を頑なに否定し、そしてここにきて、動きを見せる。
まさに、待望論が沸き上がるのを待っていたかのような動きだ。

どこぞの党の代表代行とは、天地の差だ。

個人的には、福田さんを挟んで、その後に安倍さんが首相に、というのが理想なのだが。
だって、相手は小沢さんですからね。
まだまだ、安倍さんに傷をつけるわけにはいかない。

しかし、福田さんの問題は中国をどうするのか。。。
中国なんて、どーでもいいのに。
阪急と阪神、経営統合へ
「阪急HD:阪神株TOB来週決定 村上ファンド応じる公算」

昨年9月の村上ファンドの阪神株大量保有が明らかになって以来、経済界はもちろん、野球界にも大きな波紋を広げた、この問題。
村上ファンドが阪急ホールディングスのTOBに応じることが、ほぼ確実になったとのこと。

TOB成立後、阪急と阪神は共同持ち株会社を設立し経営を統合、阪神タイガースもそのまま傘下におさめることで、一件落着となりそうだ。


しかし、阪急と阪神が経営統合かぁ。
阪急沿線を地元とする人間としては、なんとも割り切れないカンジが。
しかも、アンチ阪神やし。

阪神ファンとしては、ひと安心でしょうな。
菅直人と安倍晋三に見る資質の違い
昨日、国会で菅直人が質問に立っていたのだが。
民主党の人材不足は、ほんとに嘆かわしい。見るに忍びない。

タイミングというものがわからず、代表選があれば、毎回のように立候補し、毎回負け、自ら政治生命を絶ってしまったような人間を代表代行にしなければいけないほど、人材がいない党に何を託せるというのか。

小沢さんがようやく代表になったというのに、周囲の人間があんなんばっかりだとどうしようもない。

また、その腐った政治家の質問が稚拙だ。
質問が稚拙な上に、安倍さんが答えてる最中に、質問者でありながらヤジを飛ばす。
「私が答えてるんですから、その間は静かにお聞きください」と、安倍さんに笑顔でさとされる。

安倍さんの余裕が際立っていた。

腐ってる上に、資質なし。
菅直人は、ほんとどうしようもない。
ライブドア上場廃止、そして無責任な大人たち
ついに、明日(4/14)ライブドアの株が上場廃止となる。
終値は94円、時価総額はピーク時の10分の1だそうだ。

それに呼応するかのように、株主集団訴訟が起こされた。
虚偽の事実で株主を集め、被害を与えたというのが、訴訟理由らしい。

なんて、他人任せの人間が多いんだろう。

ライブドアが、そして堀江さんが法に触れることをしていたことは問題ではない。
個人投資家は、ライブドアの事業内容を見て、本当に投資したいと思ったのか?
続きを読む >>

 
Web このサイト内


PROFILE
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LINK
Counter
Amazon Search
Google AdSense
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
燃えよ剣 (下巻)
燃えよ剣 (下巻) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
RECOMMEND
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
幕末、京都を戦慄させた新撰組・副長「土方歳三」を描いた作品。薩長土優勢が日に日に濃くなるなか、最後の最後まで幕府方の人間に徹し、函館・五稜郭まで戦いを続けた。
死に際の「新撰組・副長、土方歳三である」の一言は圧巻。
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.